自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『ボンネット』

ボンネットとは、自動車のエンジンの上に備えられたヒンジ式のカバーである。
1930年代から1940年代までに作られた自動車では、キャビンの屋根であるフードとエンジンルームの蓋であるボンネットは構造上もその機能的な位置づけも類似していて、悪く言えば両者ともただの覆いに過ぎない存在であったため、必要に応じて開閉と同時に取り外すこともできた。近代的な自動車では、両者は覆いという元の目的そのものは同じであるものの、空力特性の改善、キャビンの気密性の向上、エンジンルーム内の保温性または排熱性などの様々な機能性を持たせるために、ボディと一体化して特化した機能性を持つ存在となり、もはや両者は構造上は類似性が見られないものとなっている。
参考:ウィキペディア

自動車チューニング用語辞典に戻る
前画面に戻る

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
 
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋