自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『バンパー』

乗用車の場合は基本的にボディの前後に取り付けられています。素材は鉄、ポリプロピレン、FRP、カーボンファイバーなど多様な素材が用いられており、金属系の素材はメッキ、樹脂系の素材は塗装により表面を加工されていることが多いです。ボディを軽度の衝突から守るというのが本来の目的であったため1980年代前半まではボディから容易に取り外しが可能な金属製で棒状の形状をした物が一般的でしたが、その後スタイリングや空気抵抗の低減を意識したデザインが激増し、1990年代にはほとんどが樹脂製となりボディと同色の塗装が施され、ライト類が埋め込まれ、ボディと一体化している等「軽度の衝突から守る」という目的にそぐわない形状が一般的となりました。
参考:ウィキペディア

自動車チューニング用語辞典に戻る
前画面に戻る

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
 
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋