自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『ダブルウィシュボーン式サスペンション』

ダブルウィシュボーン式サスペンション (Double wishbone suspension) は、自動車のサスペンションの方式のひとつで、独立懸架に分類されます。上下一対のアームでタイヤを支持するもので、レーシングカーでは、ほとんどがこれを採用しています。スポーツカーにも多く使用されています。
名前の由来は、鳥の叉骨 (Wishbone) の形に似たA字型のアームが上下に2組(Double)あることからですが、一般にアームの形に関係なく、上下2組のアーム(アッパーアーム・ロワアーム)でタイヤを支持するサスペンションの総称となっています。リンク機構として見ると、車体側の上下2箇所・上下にあるリンク・アップライトから成る「4節リンク」構造のものを指します。特に前輪ではステアリングするためタイヤ側をピボットで支持し、駆動力やブレーキ力を車体側に分散させて伝えると自然に前述の「A」の字型となりますが、片方を前後方向に大きく伸ばしたものなど変形も多くみられます。さらにアームを分割・追加するような変形を加えたものがマルチリンク式サスペンションであると見ることもできます。
参考:ウィキペディア

自動車チューニング用語辞典に戻る
前画面に戻る

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
 
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋