自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車チューニング用語『ミスファイアリングシステム』

ミスファイアリングシステム(英語:misfiring system)とは、ターボチャージャーによる過給エンジンにおいて、アクセルオフ時後に発生するターボラグを解消するシステムです。スロットルをオフした時にエンジンを故意に失火(ミスファイア)状態にすることから、この名称で呼ばれています。ターボチャージャーは、エンジンから排出される排気のエネルギー(動圧、静圧及び熱エネルギー)により排気タービンを回転させ、タービンと接続されているコンプレッサーを駆動することで、空気をエンジンへ圧送(過給)します。そのため、減速のためにアクセルペダルを戻すと排気エネルギーが減少し、タービン回転数が徐々に下がります。同時に、スロットルバルブより上流の空気も行き場を無くすため、逆流してコンプレッサーの回転が妨げられます。その後再加速のためにアクセルペダルを踏み込んだ際、タービン回転数が再び上昇しコンプレッサーが機能するまで遅延時間(ターボラグ)が生じ、この間は十分な過給が行なえず、期待した機関出力を得られません。その対策として、タービン直前のエキゾーストマニホールド内で未燃焼ガスを燃焼させ、排気ガスのエネルギー不足を補いタービン回転の低下を防ぎます。具体的な例として、アクセルオフ時に1気筒分の点火時期を上死点後まで遅角して排気時に点火し、続く気筒は点火カットして混合気をエキゾーストマニホールド内で燃焼させます。なお、ターボチャージャーの容量が大きい場合には、エキゾーストマニホールドに二次空気を積極的に導入し、効果を高める場合があります。システム作動時には、太鼓を叩いたような「ポンポン」「ポコポコ」という音がしますが、制御が不十分でエキゾーストマニホールド内で燃焼しきらずにアフターファイアーを起こしている場合には、爆発音のような「バンバン」「パパパパ」という音が発生します。
参考:ウィキペディア

自動車チューニング用語辞典に戻る
前画面に戻る

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
 
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋