自動車チューニング用語辞典

自動車のチューニングに関する用語を解説いたします

自動車修理用語『ショックアブソーバー』

ショックアブソーバーとは、振動を減衰する装置である。ショックと略して呼ばれるほかダンパー、あるいは、ダンパとも呼ばれる。乗用車ではショックアブソーバーにスプリングを支えるスプリングシートを設けた構造を採用する物が多く、スプリングとショックアブソーバーはサスペンションストラットASSYとして車体に組み込まれる。こうした構造は、日本国外ではコイルオーバー(Coil over)とも呼ばれている。減衰力の調整ができるものも多く、伸び側と縮み側を独立して調整可能なものもある。通常はゴム板やゴムブッシュが用いられるアッパーマウントを硬質ナイロンやピロボールに置き換え、より直接的なフィーリングを求めたものもスポーツカー用などに多い。アフターマーケット製品と、アフターマーケットメーカーの製品を純正装着としたものにはオーバーホールが可能なものもあり、損耗部品の交換や後継商品の部品(改良品や対策品)へのアップデートが行われている。
参考:ウィキペディア

自動車チューニング用語辞典に戻る
前画面に戻る

自動車とチューニングカーの専門店をお探しの場合はお気軽にお問い合わせ下さい

チューニングカー、スポーツカー、中古車販売、中古車買い取り、自動車修理、板金塗装(鈑金)のお見積り、損害保険等、ご相談は無料です。
当社は愛知県春日井市にありますが、名古屋市内や、愛知県内など広範囲にサポートできるよう努力しております。
ユーズドカー・ブラスト : 愛知県春日井市松河戸町6丁目3-7 電話0568-84-7740

火曜定休
トップページ
 
スタッフブログ
チューニングカーのブラストのウェブサイト
ハコスカ社長の部屋